プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説新潮3月号
小説新潮2007年3月号には、宮脇俊三の娘さんである宮脇灯子さんが書かれた「父の愛した餘部鉄橋」とい文が載っている。
先に「父・宮脇俊三への旅」という本も書かれているが、家族視点で見た作家の素顔というものは興味深く、これについてはまた別個に書きたいと思っている。
今月の小説新潮に載っている文章は父と旅行に行った思い出の地であり、父の作品にも登場する餘部鉄橋を訪れるというものだ。
家族旅行の内情などから晩年の紀行作家の本領と、父への思いが伝わってきた文章だった。
作家としての存在は厳然たるものだが、父という個人への目線はその家族しかもてないものである。単純な紀行文ではなく、自らを省察するかのような文章に感じられた。
他にも鉄道関連の文章が2本載っており、鉄道ファン向きの号になっている。

小説新潮
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/85-65ba947d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。