プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅は自由席 宮脇俊三 新潮社
今回も前書きで鉄道ファンになる理由、自己省察を通しての鉄道ファンの形態などを語っている。
いろんな人の鉄道ファンに対する考察なども載っている。
それを読むと一口に鉄道好きといってもずいぶん多岐にわたることがわかる。
自分はどのへんか?ということを考えようとするといろんな基準の軸ができてくる。
この奥深さこそが惹きつける原因だろうと思う。
鉄道とは同時に世相も映す物であると思う。
「交通機関にしても、航空路は四通八達し、新幹線はすばらしいスピードで走っている。
高速道路も、四国を除いては整備されてきている。
しかし、そうした便利さが、新の「しあわせ」つながるのかどうかについては、疑問が残る。」
と著者は言う。
今では四国にもどこにも高速道路はあるし、空港も増えたが、便利さの裏になにか置いてきたという気はだれかしら一度は持ったことがあるのではないだろうか。
最近さらにゆっくりなこと、鉄道で言うローカル線にも関心があつまってくるのはそういうせいもあるんだろうか。

著者の住む関東近郊に旅に出たときの一言も真相をついているように思う。
「近いところへは案外に行かないものである。いつでも行ける、そのうちに行こうと思っているうちに、どんどん年が経ってしまう。そのくせ、北海道だ、九州だ、外国だというと張り切って出掛けていく。」
「遠くへ行くばかりが旅ではないな。要するに日常的な行動領域から脱出して異質なものに触れるのが旅だ、遠近は問題ではない」
「どこへいこうとその人の自由であるけれど、「日本は狭い」などと簡単に言われると腹立ちを覚える。
せめて冬の北海道の流氷くらいは知ってから海外へいってほしいと思う。」

海外へ行っても、向こうの人から逆に日本はどんなところか、貴方の住むところはどんなところか?
と聞かれた時、答えられないのでは何しに海外へいったかわからなくなる。
旅とは情報交換の役割を担っていたと思う。
メディアの発達した今も、そこに住む本人からいろいろ聞きたいと思うのは本能だろう。
私も京都にいながら観光者ほど色々見たわけではない。
近すぎるからかえって行かない。
それでもたまに行ってみるとこんな近くにこんなものがあったか、と気付かされる。
しかも観光シーズンを外して好きなときを狙えるのも利点だとだんだん思ってきた。
ごくごく近所でも何かは発見できるし、それは旅なのだ。
そして鉄道好きとしては
「線路の分岐や合流はいいものだ。とくにローカル線がよろしい。駅を発車して、しばらく並んでいた単線の線路が名残を惜しむかのようにカーブして遠ざかっていく。
かと思うと、叢のなかから二本のレールが静々と寄り添ってくる。
そういうとき、わけもなくそのローカル線に乗ってみたいとの衝動に駆られる。」
と、著者が言うように、知らない物への興味も旅の動機である。
小さい頃線幹線や特急に乗って駅を通過したときその駅から線路が分かれていくのを見て、あの路線はどこにつながっていくのだろう?と好奇心をもって見つめたのを思い出した。
当時地理的知識は無いからあのさきの風景を考えることが子供心を刺激したのは間違いない。
これらを踏まえると、旅とは未知なるもの、そして人に出会いに行くというものではないかと思うようになった。
交流とは情報の交換の事で、お互いにいろいろ出し合うのが真の交流というものだと思った。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

鉄道コインめちゃたまってるやん!?
何枚くらいもってるん?!
コインなくなったorz
【2006/04/01 00:50】 URL | たか #- [ 編集]


金銀あわせたら100枚は超えてるはず。
もう売ってないからこれ以上増えないけど。
【2006/04/01 17:58】 URL | srail #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/43-de2f3b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。