プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園部駅 栗めし

所用のついでに百貨店でやっていた駅弁大会へ。
平日昼なのに人も多いしマスコミもかなりの数で驚いた。
ちなみにこのお弁当は整理券式で、先に整理券を取れた人が買えるシステムになっていた。

園部に昔駅弁があったことは時刻表などで知っていたものの、
実際のところ構内から消えて久しいのでどんなものかと思っていたところ、
実際に買える機会があるというので買ってみた。

ちなみに駅の近くの店舗ではいまでも調製をしていて、
予約があれば作ってくれるらしいとのこと。

山陰本線が長距離列車隆盛のころは需要もあったのだろうなと思う。
主要駅もふくめて昔からの業者さんが構内から消えていくのはさみしい気がする。
こうやって駅弁大会には出たり、駅の外で弁当屋としての仕事は続けている、
といったところも多いようだ。

「栗ごはん」の中身はというと、メインの栗ごはんにおかずがいろいろ。
原材料名をみると
鶏肉煮、だし巻き卵、揚げ豆腐、かまぼこ、ごぼう煮、昆布の佃煮
とある。

まずメインの栗ご飯は、意外と栗も多く入っている。
栗の皮が少し残って独特の食感なのだが、あえて残しているらしい。
ごはん自体の塩加減もいい。なにかのだしで炊いているのか、塩だけなのか気になる。
冷めることを前提にした駅弁のご飯としては、かなり工夫されているのでは、と思う。

付け合せもいい。昆布の佃煮と揚げ豆腐は、栗ごはんとの相性もあっているように思えたし、
単品でみても結構いい線をいっていると思う。

食べ終わってからようやく気付いたのだが、容器が栗の形でユーモラス。
昔ながらの遊び心も残っていてうれしい。

いま山陰本線の京都口はご当地感のある弁当もなく、
車販もなかったりでものさみしいところではあるが、
このクオリティならもう少し認知されて売れてもいいのでは、と思えた。

もっと存在を知られてほしいと思うし、少しでも長く商売を続けてもらいたいと思う。
隠れた逸品といった感じの駅弁だった。

『園部駅 栗めし 包装』
『園部駅 栗めし 外装』
『園部駅 栗めし 中身』
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/250-16936cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。