プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丸山科店 縮小へ

『大丸、山科店の規模縮小──8月メド、婦人衣料売り場など』
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news008123.html
(日経新聞 2010年3月13日)

>J・フロントリテイリング(JFR)傘下の大丸が8月末をメドに、JR・地下鉄
>山科駅そばにある山科店(京都市山科区)の規模を縮小することが12日、関係者の話で
>明らかになった。
>営業の不振が続いている3~4階部分の婦人服や子供服売り場などを閉鎖する。
>比較的、業績が好調な食料品売り場などの地下1階~地上2階は営業を続ける。
>同市では阪急阪神百貨店が「四条河原町阪急」を今秋に閉鎖する計画で、百貨店の
>整理・統合の動きが目立ってきた。

>大丸山科店は1998年、京都市の第三セクター、京都シティ開発が所有・運営する
>複合ビル「ラクト山科」内に開店。ラクト山科の核テナントとして地下1階から4階の
>フロアで営業してきた。
>大丸側は12日までに、京都シティ開発との間で3~4階部分の退店手続きを終えた。

>山科店は同市市内にある大丸京都店(下京区)とのすみ分けを進め、
>商品構成を食料品やカジュアル中心の婦人服などに特化していた。

>ただ、京都店は山科店から約5キロと比較的近いうえ、
>四条通にある京都店周辺には高島屋京都店や藤井大丸などの百貨店や高級ブランドの
>路面店が集積している。こうした四条通周辺の商業施設との競合が、
>山科店の営業に響いた可能性もある。

>山科店の縮小は経営健全化団体に陥っている京都市営地下鉄の経営にも影を落とす。
>ラクト山科は地下鉄東西線が開業する際、並行して進めた再開発事業。
>核テナントの大丸山科店が縮小されれば地下鉄利用客の減少につながる可能性もあり、
>地下鉄の経営再建が一歩遠のくことになる。


大丸山科店が縮小するようです。
記事中では地下鉄への影響が懸念されているようですが、
地下鉄を利用して大丸へ行くひとがどの程度いるのかわからないので、
果たしてどれくらい影響がでるのかなんとも言えないような気もします。



関連:
『京都市交通局 経営環境のニュース(1)』
『京都市交通局 経営環境のニュース(2)』
『京都市交通局運賃値上げは見送り』
『京都市内鉄道乗り放題切符が実現か』
『京都市交通局 地下鉄運賃値上げは回避』
『京都市営地下鉄 3月ダイヤ改正 乗り継ぎ改善』
『京都市営地下鉄 京都府が「駅ナカ」販売へ』
『京都府が京都市営地下鉄の財政支援へ』
『京都市交通局が経営健全化計画を策定』
『京都・地下鉄増収策に疑問の声、グッズ販売も注力』
『京都市営地下鉄再建への疑問の声と、厳しい状況』
『京都市営地下鉄増客へのアイデア出される』
『京都市交 「せんとくん平城京1日電車乗車券」発売』
『京都市営地下鉄財政健全化の議論』
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/228-ca76a5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。