プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅小路公園の水族館計画、反対派住民から質問


『反対派住民から厳しい質問相次ぐ 京の水族館建設計画』
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100306000139&genre=C4&area=K00
(京都新聞 2010年3月6日)
>京都市下京区の梅小路公園に水族館建設を計画するオリックス不動産(東京都)は6日、
>下京区の大内自治会館で周辺住民向けの説明会を開催した。
>市も近く市民向け説明会を開催するが、6月1日着工に向け条例で義務付けられた
>説明会はこれが最後。他地域の反対住民も集まり、厳しい質問が相次いだ。

>市中高層条例に基づく説明会で、オリックスが説明会の報告書を市に提出し、20日後
>には建築確認申請を行うことができる。市はまだ公園への設置許可を出していないが、
>第三者委員会の答申も踏まえ許可する方針だ。

>この日の説明会で、オリックス担当者が建物構造や電波障害予測地域などについて
>説明した。住民からは「イルカショーの歓声はどれくらい大きいのか」、
>「設置の可否も決まっていないのになぜ条例上の手続きを進めるのか」
>などの質問が出た。

>反対派団体が目標とするのは、1998年に鴨川の「ポン・デ・ザール
>(フランスの芸術橋)」計画を市が撤回したことの再現だ。
>芸術橋の理念を踏まえた歩道橋を三条大橋と四条大橋の間に架ける計画だったが、
>反対派が学者や芸術家らを巻き込み強く反発し、市に撤回させた。

>当時、反対活動にかかわり水族館にも反対する中島晃弁護士は「今回は全市的に
>関心が高まっていおり、ポン・デ・ザールの再現を目指す」とするが、
>水族館は市の計画ではない。

>反対派は計画撤回に向け、水族館代案が出れば検討を求める請願を市会に提出し、
>市会も全会一致で採択した。現在、有志が代案を策定しているが、
>実施主体のめどがなく、市が代案を検討するかは不透明だ。


梅小路公園の水族館計画について、反対派からはいまでも根強く疑問の声が挙がっているようです。
こういった計画は京都では反対により頓挫する場合もあれば、
止めきれない場合も両方ありました。
今回はいったいどうなることか、まだまだわからない所です。

京都駅近辺の話題:
『京都・梅小路公園のオリックス水族館着工届出へ』
『梅小路公園に計画の水族館、代案を議論』
『梅小路公園に「鉄道博物館」計画』
『梅小路公園 水族館計画』
『京都駅の案内表示は不親切?』
『京都駅南、ヴィノワ来年開業』
『京都駅南側大型施設、イオンが運営受託へ』
『ヨドバシカメラ京都駅 記事』
『京都駅南の複合施設 続報』
『京都駅南の複合施設 記事』
『京都駅南の大型施設は「ヴィノワ」』
『梅小路公園に「鉄道博物館」計画』
『京都駅南口整備に関する記事』
『京都駅付近開発の記事』
『京都駅八条口南 商業開発』
『大型商業施設、計画に遅れ 京都駅周辺、近くの施設との競合響く』
『京都駅八条口に大型商業施設』
『過去の情報』
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/222-c4a69ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。