プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路無料化 京都付近の影響

『高速無料化 37路線50区間舞鶴若狭道、京都丹波道 6月開始予定』
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100203000023&genre=A1&area=K00
(京都新聞 2010年2月3日)

>前原誠司国土交通相は2日、全国の高速道路のうち北海道・道央自動車道の
>士別剣淵-岩見沢(延長139キロ)など37路線50区間について、
>6月をめどに実験的に無料化すると発表した。交通量の少ない地方路線が中心。
>自動料金収受システム(ETC)の利用や車種にかかわらず、
>すべての車が対象となる。期間は来年3月末まで。

>京都関連は、舞鶴若狭自動車道の福井県・小浜西-兵庫県・吉川ジャンクション
>(112キロ)と京都丹波道路の丹波-沓掛(31キロ)。

>高速道路の無料化は、民主党が2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた
>目玉施策の一つで、流通コストの引き下げや地域・経済の活性化が狙い。
>10年度の予算は1千億円で、対象区間の総延長は1626キロ。
>対象外の首都高速と阪神高速を除き、供用中の高速道路の約18%に当たる。

>ETC利用の乗用車と二輪車に限って地方圏の休日(土日祝日)の通行料を上限千円
>とした大幅割引で、渋滞があまり起きなかった路線を中心に選んだ。
>秋田、山形、島根、高知、大分、宮崎の各県では高速道路の多くが、
>沖縄県では全線が無料になる。

>具体的な区間は道央道のほか、日本海東北自動車道の新潟県・荒川胎内-新潟中央
>ジャンクション(47キロ)、東九州自動車道の大分県・大分米良-佐伯(40キロ)、
>沖縄自動車道許田-那覇(57キロ)など。

>東名高速や名神高速など交通量が多く渋滞による影響が大きい区間や、
>公共交通機関への影響が大きいと指摘される本州四国連絡道路や東京湾アクアライン
>などは無料化の対象から外された。

>民主党は12年度に向け、段階的に無料化を実施する方針。国交省は、高速道路や
>並行する一般道で交通量の変化などを調査。地域経済への波及効果や公共交通機関への
>影響も分析し、11年度に実施する内容を検討する。

>今後は6月をめどに、一定以上の通行料は徴収しない「上限料金制」の導入を
>目指しており、乗用車は2千円、軽自動車は千円などとする方向で検討中。
>実現した場合、上限千円など現行の割引を終了する。


高速道路無料化の政策に関して、京都付近では京都丹波道路丹波~沓掛間、
舞鶴若狭自動車道小浜西-吉川ジャンクション間が無料化されるようです。
この件に関してはローカルのテレビ報道などでKTR(北近畿タンゴ鉄道)など、
地方鉄道に影響を与える可能性が指摘されていました。
経営が厳しい地方3セク鉄道にはかなりの逆風となることが予測されます。
嵯峨野線に関しても、特急などへの影響は避けられないものと見られ、
ダイヤなどにも将来的な影響を与えそうです。

大きな流れを活性化することは大事な事ではありますが、
地域の交通は守られるのか、という点が懸念されます。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/200-2c2c4c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。