プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府が京都市営地下鉄の財政支援へ

『「府市協調の成果」と門川市長 府の京都市営地下鉄支援に』
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100202000193&genre=A2&area=K00
(京都新聞 2010年2月2日)

>「府市協調の成果だ」。京都市の門川大作市長は2日の定例会見で、来年度予算案に
>巨額の赤字に悩む市営地下鉄への経営支援を初めて盛り込んだ京都府の姿勢を
>評価した。
>長年の要望が一部実現したことから、感謝の意を込めたが、肝心の直接的な
>財政支援が見送られ、「これは第一歩」とさらなる支援を求めた。

>府は地下鉄建設に約150億円の補助金を出した。
>地下鉄の経営難が続く市は財政支援も求めているが、府は
>「個別の公営企業に赤字補てんするのは府民が理解が得られない」と突っぱねてきた。
>2008年6月の府市懇談会では、門川市長が山田啓二府知事に直談判する場面もあった。

>互いに府市協調を強調する立場もあり、府は1月発表の来年度予算案で地下鉄の
>車内広告や駅構内での特産品販売所出店などに4100万円を計上。
>門川市長は「危機にひんしている地下鉄への支援を高く評価したい」と感謝の言葉を述べた。

>とはいえ、市が求めている赤字補てんにはほど遠く、支援額も1日の赤字(約4千万円)
>で吹き飛ぶ。門川市長は「東西線は宇治市まで伸びる。烏丸線も近鉄との乗り入れで
>南部活性化に役立っている」と府民も地下鉄を利用していることを力説し、
>「赤字補てんが難しいなら、開業30年を迎えた烏丸線の設備更新への支援ならどうか。
>府が気持ちよくお金を出せる知恵を全庁で考える」と要望を強めていく姿勢を示した。



財政難に陥っている京都市営地下鉄を京都府が支援するようです。
京都市内の交通に府から支援が入る事には賛否がありそうですが、
今後の経営改善がなければ支援も無駄になる可能性が高く、まだまだ予断を許しません。

関連:
『京都市交通局 経営環境のニュース(1)』
『京都市交通局 経営環境のニュース(2)』
『京都市交通局運賃値上げは見送り』
『京都市内鉄道乗り放題切符が実現か』
『京都市交通局 地下鉄運賃値上げは回避』
『京都市営地下鉄 3月ダイヤ改正 乗り継ぎ改善』
『京都市営地下鉄 京都府が「駅ナカ」販売へ』
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/199-0144797f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。