プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本 車両の塗色変更へ

『ローカル線“一色二鳥”ご当地カラー JR西、塗装の経費削減』
(産経新聞 2010年1月8日)
>JR西日本が平成22年度から、京阪神を除く在来線の車両のデザインを、
>地域ごとに1色に統一することが8日、分かった。
>不況や高速道路料金の値下げによる利用者の減少を受け、塗装費を抑制して
>経費削減につなげる。新しい色は地域性を反映させるが、出勤・通学、旅先などで
>親しまれてきたデザインが消えることとなり、惜しむ声も聞かれそう。

>JR西によると、デザインが変わる地域と新しい色は、
>京都=深緑▽和歌山=青緑▽中国=黄▽北陸・七尾線(石川県)=赤-など。
>計約25種類(約1400両)の列車や気動車の色を平成22年度から
>8年間をめどに変更する。
>ただし、大阪を中心とする「アーバンネットワーク」と呼ばれる京阪神の在来線は除く。

>このうち、京都地域では山陰線(京都-園部間)や湖西線など3路線が対象。
>現在の車両は緑にオレンジのラインや、ベージュに茶色のラインが入った
>ツートンカラーだが、今後は抹茶や木の葉など「和」を連想させる深緑にまとめる。

>和歌山地域(紀勢、和歌山線)の青緑は太平洋の鮮やかさをイメージ、
>中国地域(山陽、山陰線など)の黄は、瀬戸内海に反射する太陽の光を表した。
>七尾線は輪島塗を連想させる深い赤色に、その他の北陸地域は従来の車両に
>使用している青に統一する。

>JR西ではこれまで、支社に車両のデザインを任せていたが、
>今回は初めて全社的に色を決めた。この“改革”で、塗料代や塗装時間も圧縮でき、
>22年度は約2000万円を削減できるという。
>JR西は「新しい色の車両にも愛着を持ってほしい」としている。


『京都地域は「和」の緑 車両色をご当地カラーに JR西』

http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201001120034.html
(朝日新聞 2010年1月12日)
>JR西日本は、2010年度から、在来線の車両のデザインを、地域ごとの特色を
>反映した単色の「ご当地カラー」に統一することを決めた。
>現行の車両は複数色を施したデザインだが、不況や高速道路料金の割引による
>業績悪化に悩む同社は、塗り直し作業の費用を年間2千万円ほど抑えられると見込む。
>地域ごとの自然や特産品を連想させる配色にすることでイメージアップを図り、
>利用増にもつなげたい考えだ。

>京阪神を除いた地域の普通や快速列車のうち、主に旧国鉄時代に作られた鋼鉄製の
>約1400両が対象。18年ごろまでに作業を終える予定で、
>約25種類あるデザインは6種類(6色)に減る。

>車両のデザインは各支社に任せていたが、今回初めて、本社車両部が各支社の希望も
>考慮しながら地域のイメージに合った色を決めた。

>京都地域(琵琶湖線の一部と湖西線、草津線)は現在、緑とオレンジやベージュに
>茶などといった複数色の車両が走っているが、抹茶や木の葉など「和」のイメージを
>重ねた緑色に統一する。
>和歌山地域(紀勢線、和歌山線)は、夏の太平洋のさわやかさや輝きを表現した
>青緑色を採用。ディーゼル車は、旧国鉄時代の朱色に戻す。

>中国地域(山陽線、山陰線、山口線など)は「瀬戸内海に反射する陽光」を表す濃い黄。
>北陸地域(七尾線を除く)は現行車両の基調色である青だが、石川県の能登半島を走る
>七尾線だけは輪島塗を連想させる赤を採用した。
>七尾線はもともと、北陸の他の路線とは異なるデザインが特徴だったため、
>金沢支社から独自の配色にしてほしいとの要望があったという。

>同社はサビ止めなどの目的で、鋼鉄製車両をほぼ8年ごとに塗り直している。
>作業時間を短縮して人件費を抑えたり塗料を一括購入したりすることで、
>1車両あたり最大で約20万円節約できるという。

>他のJR各社は、さびにくく塗料で覆う必要のないステンレス車両の導入が進んでいる
>ことなどから、今のところ車両色を統一する動きはない。
>JR西は「削減額はわずかだが、社員のコスト意識が高まり、さらにアイデアが
>出てくるきっかけになれば」と話している。(小河雅臣)


2つの報道では、嵯峨野線の塗装がどうなるか微妙に差があるようです。
産経新聞では嵯峨野線(京都-園部間)も対象となるようですが、
その後の朝日新聞では「京都地域(琵琶湖線の一部と湖西線、草津線)」
とあり、嵯峨野線は対象ではないようにも見えます。
どちらなのかいまいちはっきりしませんが、JR西日本はダイヤ改正の案内で
嵯峨野線からの113系の撤退を公表しており、対象外とも見えます。
しかし221系も塗装変更の対象である可能性もあり、判断がつきませんが、
221系のように幅広い路線・支社で運用され、車両数も多い場合、
支社ごとに塗りなおすほうがコストがかかりそうにも思えます。
そういったことから、221系・嵯峨野線については今回の対象外となるのでは
ないかと予想できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/190-11a9582d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。