プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型車両 223系5500番台 嵯峨野線
16日に運用開始されたという話を聞いて、ようやく初乗りしてきました。
まだいわゆる「新車の香り」が残っていました。
その感触をこの路線で味わえる時が来たのは感慨深いものがあります。
223系5500番台
223系5500番台
車内
車内
併結部
併結部
ワンマン装置、車端部にはロングシートなど、投入線区にあわせた差異が設けられている。
車椅子スペースなど、新車らしくバリアフリーにも対応。

側面LED
一気に近代的な雰囲気に変わったように感じられる部分でもある。

最近見ていると特に朝ラッシュ時など見かけるのは221系ばかりという状況になりつつあり、
気が付けば113系はあまり見かけなくなっている。
通学であれだけ嫌になるほど乗ってきた車両を見なくなると、なんとなく寂しい気がする。
利用していた頃は、あのボロさ加減が嫌で早く車両が変わらないかと思っていたし、
もし廃車になるときがきても絶対寂しい感情など起こさないような自信はあった。
というか、そんな感情が自分に起こるとは思ってすらいなかった。
しかし、現実に少し見かけなくなるとなぜか「心配」とでもいうような感情が起こりつつある。
それでも最後を見送るというよりかは、いつの間にか消えている、といった見送り方になるのだろう、と思う。

しかし、実際乗ってみると新型車両の静粛性は段違いで、性能もまったく別のものであった。JR化後に作られた車両がようやくこの路線にも定期的に走るようになり、高架区間の近代的な風景もあいまって、ようやく近代化を実感できつつある。
車内のLEDに英語表示で地元の駅名が出ただけで、なぜかこれほどまでに感動するものだろうか。
スクロールするLED、これは近代化の象徴のようにも見えた。
そもそも外国人観光客が多い路線のわりには、こういうところがいまいち対応していないというか、前の車両にはとうてい出来ない芸当であった。
これで複線化が完成し、行き違い待ちが解消され、本数も増えれば私が使っていた頃の3大不満(本数の少なさ、行き違い待ち、車両の古さ)がすべて解消されるだろう。
本来なら私が使っている間にも完成していたはずの工事はまだ完成していないが、丹波口~京都間などは、あの狭い土地によく高架を建てるスペースがあったな、というギリギリのところに高架がもう立ち上がっていたように、所々でかなりの進捗を見せている。
やはりまだまだこれからの路線である。
221系は前代の113系と同じく他の線区で使っていた物が来たのであるが、223系は福知山エリアに投入すべく製作されたもので、ようやく当線区のために車両が新製されたのだ、と思うと感慨深いものがある。
今度この車両たちはいつまで走り続けるのだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/07 20:14】 | # [ 編集]


写真に関しては、なるべく人物が入り込まないようになど気をつけています。
どうしても人が入る場合は少しぼかしを入れたりしていますが、
個人が特定できそうな写真がありましたらご指摘願います。
加工、または削除など対応させていただきます。
【2008/09/08 17:55】 URL | srail #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/138-2b1749ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。