プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春18きっぷの旅2008 津山線・因美線
今回乗るのは津山線、因美線である。
今日も新幹線から乗り継ぐ。
N700系に一度乗ってみようということで、少し早い列車だが、
それに乗っていく。
奇抜な先頭車も実物をみると意外となじんでくる。
車内も従来の機能本位といった感じからすると、少し落ち着きのある感じがする。
しかし乗車時間は長くないので比べる間もなく岡山に着いた。
津山線のホームに行き、快速ことぶきを待つ。
沿線に幸福を感じさせる駅名が多いためそういう愛称が公募できまったようだ。
しばらくして折り返しの列車が着いた。
快速とはいえワンマンであった。
発車してしばらく、山陽線とは別れて旭川に沿う。
そのうちトンネルを抜けると川の流れが変わる、
といったローカル線の類型というのを始めて体感する。
誕生寺という駅は、沿線にある寺の名前によるが、
法然の生誕の地にあるという。
熊谷直実の創建といい、歴史の香りを感じる。
また亀甲という駅では、駅舎が亀の形でおもしろく、
テレビでみたことがある。
目線が合うと少しそらしたくなるような妙なリアルさがある。
姫新線と合流し、津山に着いた。
前に津山に行ったときは知らなかったが、ここにも入線メロディーが導入されていた。
少し時間が空くので駅前をうろついたり、観光案内を見ながら時間を潰し、
列車に乗り込んだ。
東津山で姫新線と別れ、因美線に入っていく。
美作滝尾の駅舎はかなりの風格を感じる古そうなえきであった。
中国山地にわけいるにつれ、ローカル線度が高まってきたようだが、
それに伴ってか雪の量が増えてきた。
いつふった雪か知らないが、まだかなり残っていて10センチくらいになるところもある。
その中にうさぎくらいの足跡も見える。
春はまだかと思うが、この週末までは冬型であると天気予報が言っていたのを思い出す。
美作河井の駅に着く前に看板が見えたので何かと思えば、
転車台の跡だという。わざわざ発掘されたのだ。
津山といい、このエリアには鉄道における文化財が多いようだ。
物見峠を抜ける長いトンネルを経て、智頭に着く。
ここでまた乗換えが発生する。
反対のホームに移ってしばらく待つと、来たのは智頭急行所属の車両であった。
先ほどの列車は単行だったが、また2両に増えた。
ここから先の線路を地図で見るとかなり曲がりくねっている。
実際速度もあまりあがらない。
鳥取に近づくにつれて雪は減ってきたが、また持病の眠気に襲われる。
色々あって旅行の前日に最近睡眠時間が確保できていないが、
列車の速度もかなり影響しているのだろう。
ぼんやりしたまま高架を登って鳥取に着く。
ここで折り返すが、駅弁を仕入れる。
カニの駅弁が多いが、イカ墨の弁当「黒めし」を買った。
カニの駅弁は何度か食べた事があるし、違うものにしてみた。
見た目は少し怖い色合いだが、このイカ墨のご飯が以外にうまかった。
普通のイカ飯の類とは少し違った風味である。
また来た道を折り返して、智頭まで帰る。
智頭からは智頭急行を使ってワープする。
今回の旅行は18きっぷ使用の割にはワープを使いすぎている気もするが、
近郊の路線は乗りつくした上、時間の都合で仕方がない。
しかし、それだけではなくて、厳しい環境の中頑張っている3セクのなかでも、
優良3セクといわれる智頭急行の様子を見てみたかったのもある。
ここでもまた時間があくので駅前をうろついたりしたが、
あまり近くに行くとことてなく、メロディーを流しながら通過するバスを見送ってぼんやりしていた。
それでも時間はたつもので、スーパーはくとがやってきた。
自由席車は混んではいたが、なんとか智頭からでも座れた。
智頭急行に入ってからすぐトンネルに入るが、
スピードは今日乗ってきた路線とは比べ物にならない。
新幹線には負けるけど、スピード感はすごい。
振り子式であるし、カーブでも減速せずにつっこんでいく。
ようやく私も目が覚めてきた。
恋山形、宮本武蔵といった気になる駅名もあっさり通過して、
剣豪も形無しといった感じである。
車内では自由席でも検札があったし、
一駅ごとにチャイムも鳴らして放送が入る。
民謡のチャイムである。
智頭急行の車掌は律儀なのだろうか。
自由席の乗車率は高く、立つ人は居なかったがほぼ100%で、
昼間の列車にしてはよい。なかなか」頑張っているようでうれしい。
大原と佐用に停まって、細かく客を拾って上郡で山陽線に合流する。
意外と、といってはなんだが、上郡で降りる客が多い。
ほとんど皆京阪神の駅まで乗りとおすだろうと思っていたが、ここで結構客が入れ替わった。
とにかくあっという間に智頭急行を乗り終えてしまい、
少し物足りないくらいであった。
今度京都から山陰にいくなら乗りとおしてみたい気がしてきた。
この列車で私は姫路まで乗り、新快速に乗り換えて帰途についた。

N700系表示・新大阪
新大阪駅名板
岡山駅名板・津山線
津山線・快速ことぶき
津山駅名板
津山駅
智頭駅名板
因美線列車
因美線列車
鳥取駅名板
鳥取駅
駅弁・黒めし
駅弁・黒めし
鳥取駅構内
JR智頭駅
智頭急行智頭駅
スーパーはくと
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://srail.blog28.fc2.com/tb.php/128-7f6f6c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。