プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵯峨野線高架騒音問題で調停成立
『角屋周辺の高架に吸音板 JR西と周辺住民、調停成立』
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008112500091&genre=D1&area=K00
(京都新聞 2008年11月25日)
>沿線の五条-七条通間は1976年に複線高架化されたが、古い構造で騒音対策がなく、
>運行本数の増加や高速化に伴い被害が深刻化しているとして、2006年11月に公害
>調停を申し立てた。
>住民側によると、成立した調停は、JR側が10年3月までに、京都中央卸売市場青果棟
>から七条通にかけての高架の東側約600メートルにアルミ製吸音板を設置し、消音用の
>砂利を高架に散布するなどの内容。重文の存在に配慮した特別の対策としている。
(以上一部抜粋)

この区間はよく通過するので、実際前までは車内でも結構騒音を感じる区間ではあった、という印象があります。
この区間は速度の割には速度感があるという感じで、やはり高架橋の古さゆえもあったのでしょうが、やはり車両の要因も大きかったと思います。いまは新しい車両が増えてきているので、車内に関してはましになってきているという実感があります。
おそらく車体の重さや車両構造の点でも、前の車両が走っていたころよりは周辺への騒音も変わってきているのではないでしょうか。
私はどちらかといえば線路から近いほうに住んでいます(記事の区間ではありません)が、最近やはり車両が置き換わっているせいか、電車の音が少し遠くなったような気がする時もあります。
実際の角屋周辺での騒音状況はわかりませんが、車両の点はJR側も意図していない隠れた改善点にあげられるのでないでしょうか。
今回は特別、ということのようですが、やはり京都という土地柄もあるのか、企業も文化的なものに対する姿勢が問われるようです。実際に対応をこれから進めていくという姿勢は、企業がこれからも社会的に存在を認められるためにもよい姿勢であると思います。
調停とはいえ、何らかの対応が実施されるという形で決着が着いたことは評価されるべきかと思います。
同区間では現在複線化も進んでおり、新しいほうの高架橋では騒音はどの程度なのか、といった点も注目されます。
スポンサーサイト
嵯峨野線複線化に伴う運休情報
駅の掲示より。
2008年12月6日夜~7日早朝にかけて複線化に伴う線路切り替え工事がある模様。
その影響で京都0時04分発園部0時51分着の電車(293M)が吉冨~園部間を運休、バス代行輸送になるとのこと。
該当列車に乗車の予定がある方や、普段利用されている方は掲示を確認されるとよいでしょう。
ただし、代行輸送があるのでさほど影響はないものと思われます。
嵯峨野線複線化に関する記事
『馬堀―亀岡駅間 来月14日から複線 JR山陰線』
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20081105-OYT8T00026.htm
「亀岡市は4日、同市内を走るJR山陰線の馬堀―亀岡駅間(単線、2・1キロ)の複線での利用開始が12月14日になると発表した。同市は「将来的にダイヤの増便が見込め、京都駅への利便性向上につながる」と期待している。これで京都(京都市)―園部(南丹市)間に残る単線区間は3か所で計20・7キロになる。」(2008年11月5日 読売新聞)



今回は馬堀~亀岡間のみが先行で利用可能になるようだ。
現行では嵯峨嵐山からの複線がなぜか亀岡の手前、馬堀で切れてしまっており、中途半端な印象がある。これで一区間とはいえ行き違い待ちによるロスや列車の遅延が改善されるものと思う。
京都市内の状況も少しずつ進展があるようで、京都駅付近も線路が敷設されているところもある。
京都駅手前はよく列車が詰まったり、二条での行き違い待ちが多い印象なので、二条~京都間についても先行開業があれば嬉しいものである。

ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。