プロフィール

srail

Author:srail
細々と続けばいいかと思っています。
コメント、TBやリンクお待ちしています。

ランキング参加中
よろしかったらクリック願います↓
FC2 Blog Ranking

検索

カスタム検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR

srail日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真マップ 太秦映画村編
映画村もよく道を尋ねられる場所ではありますが、説明しにくいところでもあります。
今回の方法より、丸太町通り沿いから入ったほうが分かりやすいかとは思いますが、
今回は違った行きかたを提案してみようと思います。
花園駅地図
まず改札を出て駅正面にむかって左に出ると、高架下をくぐる道があり、そこを通ると南側に出れます。
花園駅の裏側(南側)へ出て、丸太町通りの一本南の通りを西に向かいます。
駅裏側の道。これを画像奥に向かって真っ直ぐ道なりに。
↓ ↓ ↓

陸橋地図
しばらく行くと川を渡る橋があり、陸橋が見えますが、その陸橋の下を通ってまだ道なりに西に行きます。
↓ ↓ ↓

交差点地図
もう少し行くと、信号の有る交差点があるので、それを右(北)に曲がります。
曲がればもう建物が見えてきます。
地図で測ってみると、15分くらいは要するようですが、わかっていれば10分程度でもいけるのではないでしょうか。表通り沿いではなく、少々マニアックな行きかたをするのもおもしろいと思います。
そもそも駅名の点から行っても、太秦から行くものだと思っている人が多いかと思いますが、花園からでも時間はそれほどかわらないようです。むしろ京都駅方面からこられる方には、一駅節約できるという考えもできます。現在は花園から単線となっているため、この駅で反対列車を待つこともよくあり、その時間があれば少しでも早く着ける可能性もあります。

広隆寺地図
ちなみにその交差点をさらに西に進んで、下りになっている道を行くと広隆寺に着けます。
(信号の前、三条通側に入り口があります)

①ちなみに丸太町沿いに行く場合、まず駅正面に出て左(西)にむかって進み、
同じように陸橋の下を通ってまだ西方向に進む。
地図
↓ ↓ ↓
②しばらくすると右手にTSUTAYAや教習所の見える所の交差点があるので、そこで左に折れて、
あとは道なりに行くと、高架化された山陰(嵯峨野)線のが見え、下をくぐると右手にあります。
地図
スポンサーサイト
大覚寺 広沢池
今回訪れた大覚寺も皇室と関係の深い寺院である。
この地で院政が行われたために「嵯峨御所」の名もある。
玄関から入ってみると、意外な事に入り口の近くの一室は洋間のようで、椅子が置かれていた。
いつからそうなっているのか知らないが、妙にマッチしているようにも思える。
重文の宸殿は御所の邸宅のような建築で、蔀戸があるのを見ると教科書の絵を思い出す。
古典の概説書の説明図がそのまま出てきたように見える。
この寺はまた、南北朝合体の舞台となるなど、歴史的事件の現場にもなっていて、今度は歴史の教科書を思い出す。
[READ MORE...]
広隆寺
仁和寺に行った同じ日、広隆寺へも立ち寄った。
ここも門前を通り過ぎる事は多かったが、中を良く見た事はなかった。
中に入ってみると、意外と奥行きがある。
[READ MORE...]
仁和寺
平成6年に世界遺産に指定された仁和寺。
実は結構居住エリアからは近く、通り過ぎることはあっても中に入る機会は少なかった。
今回はその仁和寺へ行く。
五重塔は、右京区内の結構遠いところからも見通しがよければ見えるもので、
やはり高い建物はシンボリックな意味合いも持つ。
久しぶりに近くまで寄って下から全容を眺めてみたが、五重塔のような建物は、
全部見えるより下方が少し隠れているくらいのほうがきれいに見えるのかもしれないと思った。
明治維新まで代々皇室が門跡として関わってきただけに、各所に皇室との縁が未だに見える。
国宝の金堂は寛永期に再建されたとき御所の紫宸殿を移築したものだし、
御影堂も清涼殿の用材を用いて建立されたと伝わる。
また文化的にも御室流華道の拠点であり、茶室の飛濤亭も著名である。
遅咲きの桜として有名な御室桜はもちろんまだ咲いてはいないが、
春のシーズンになれば境内を彩るであろう。
今回は早朝ということもありかなり静かな環境で見学できたが、
そのシーズンになれば多くの人でにぎわうことになる。
この寺には実は昔からゆかりがある。小学校のころにはここの「御室八十八ヶ所」に遠足で行くのが
この近辺の小学校のイベントとして定番であった。
そこで昔を懐かしんで第一番のところまで言ってみたが、どうにも雰囲気が変わっているような気がした。
しかしこの土地に古くからあり続けた寺院であることには変わりなく、私の記憶などほんの小さなものだということを考えさせられるような雰囲気がこの空間にはあった。

二王門
二王門
二王門
御殿玄関
南庭
南庭
北庭
北庭
北庭
勅使門
境内
境内
境内
中門
五重塔
五重塔
五重塔
拝殿
鳥居があるのが特徴的。神仏習合のなごりか?
金堂
金堂
経蔵
鐘楼
観音堂
観音堂
御影堂
八十八ヶ所案内
指の形をした案内がユニーク。
御室八十八ヶ所第一番霊山寺
京福電車(嵐電)御室駅
近畿の駅100選にも選ばれている。
更新
久しぶりの更新。と、いっても過去の写真。
去年の夏ごろに清水寺に行った写真。
清水寺の山号は音羽山といい、坂上田村麻呂も創建にかかわったとされ、世界遺産にも登録されているほどの寺院だが、いつでもいけると思う場所にはなかなかいかなかった。しかし、たまたま暇が出来たので人の少ない時期にいけたことはやはり地の利といえる。名水である「音羽の滝」があり、柄杓で飲む事もできる。
また、境内には縁結びで知られている地主神社もある。
私が行ったときにはやたらとアジア系と見られる観光客が多く、京都観光でも主体が移り変わってきているのかもしれないと思わされた。
三門
舞台上
舞台上2(市内展望)
地主神社
清水舞台裏
音羽の滝



予約宿名人





ブログ内検索

Google AdSense

PR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。